生分解性樹脂
<グリーンプラマーク認定樹脂>
使用後は自然に還り、燃焼の際も低カロリーでガスが発生しない環境に優しい原料
性質
生分解イメージ
生分解性イメージ
微生物(バクテリア、かび等)の多く存在する自然環境下(土壌中、淡水中、堆肥中又は海水中など)で生分解され、最終的に炭酸ガス(CO2)と水(H2O)になる。
燃焼時のカロリーが低い為、焼却炉を損傷しにくい。
有害物質を含む燃焼ガスが発生しません。
械油、大豆油、オリーブ油等に対する耐薬性はありますが、酸、アルカリには加水分解を受けます。
蒸気、アルコール蒸気の透過性が大きい。
高温、多湿条件下で長時間さらすと加水分解を受けることがあります。
グリーンプラマークとは
グリーンプラマーク
生分解とは、単にプラスチックがバラバラになることではなく、微生物の働きにより、分子レベルまで分解し、最終的には二酸化炭素と水となって自然界へと循環していく性質をいいます。
「グリーンプラ」の生分解度は、国際的に規定された試験方法と、定められた基準により審査されます。さらに、重金属等の含有物、分解過程(分解中間物)での安全性などの基準をクリアした製品だけが、グリーンプラ・マークをつけることができます。
日本バイオプラスチック協会による審査・認定
使用商品
卓上カレンダー
中折れ式カレンダー
リング綴じカレンダー
copyright 彩の国工場へ トップページへ メール送信